贅沢の方法

 どんなにぜいたくをしても、「しつくすこと」はないということ。いくら繰り返しで「徳を深める」といっても、欲があれば自然に贅を尽くすほうに向かってると思う。たとえば、国を治めることが、その時点でのその人の贅沢だとする。それを満喫したら、後は退屈だと思う。それから

"贅沢の方法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント