腐れ縁

 腐れ縁というものは存在するものである。こっちがむこうを好きでいても、むこうは、やさしいから「好き」でも、「嫌い」でもなく、腐れ縁なのである。だから相手をカテゴリに入れる場合において、「腐れ縁」という割り切り方は即座にでもありなのである、と私は思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック