平和について

 将来、平和な人だと思われるようになりたいと思っている。痴話げんかはいいとしても、本気の喧嘩はごめんである。とてもではないが、情熱に賭ける執念は丸投げであることにしてほしい。反面、腹から笑える笑いなどはもってのほかである。言うに事欠いて、無理して笑いを採るようなのもごめんである。普通に笑えればそれでいいのである。 見切り品は、ところ変われば品が変わるのである。すなわちポジションチェンジはいらないのである。正念場で準備を怠ることなしにしてもらいたい。リハーサルなどしてもらう必要があるように私は感じる…。怒髪天を突く アイコンタクトはひつ小だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック