星星

 何の進展もなく、停滞している、フラストレーションのたまってるかのように見えるとする現代に

 仮想現実とかほかの技術で天井から星空を見えるようにする。スイッチひとつで。スイッチを切れば天井に戻るとする。    星空は望遠鏡で一つ一つのぞけるといい。 たとえば、宵の明星を見たければ、その天井に向かって望遠鏡をのぞけば、細部まで研究できるようになる。    現在の時点ではまだ常識の範囲を超えた発想である。 仮想現実と現実くっつける。   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック