なりたい時分

 誰でもなりたい、憧れの「時」があって、過去、現在、未来…と。それは、「らしさ」たとえば中学生らしさ社会人らしさ大人らしさなど。子供でも、未来をあこがれるし、大人だったら「あの時分だったらと思って、今、青春を送っている人もいるのだと思います。では、現在に無我夢中の一生懸命な人は、なに考えてるでしょうか?考える暇もなくルーチンに没頭してる人、そういう人たちは、心のどこかでというか、頭にきたときに、「期待しないでくれ」と思っていることでしょう。                                                                                                              目立ちたがり屋の人は 別 ですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック